掲示板トップへ戻る >
レスパイト入院とは
投稿日 : 2018/03/27(Tue) 05:59
投稿者 miraie2020
投稿内容

レスパイト入院とは
神経難病患者や高齢のがん患者など、医学的管理や処置を在宅で受けている患者を対象に医療保険で入院を受け入れる制度。
介護保険対象のショートステイでは、薬や処置の制限や受け入れが困難な場合がある
介護保険施設では受け入れが困難な胃ろうや気管切開、人工呼吸器の患者でも受け入れが可能な場合がある。


詳しくは以下で
http://www.nyuuin.com/resupaito.html
記事編集 編集
↓これまでの投稿一覧(投稿の新しい順)*投稿フォームは一番下です
Re: レスパイト入院とは
投稿日 : 2018/04/12(Thu) 19:46
投稿者 茶茶子
参照先
参考まで書き込みさせてきただきます。

昨年、多系統萎縮症の義母を何回かレスパイト入院させました。(東京都在住)
私どもの目的は介護者の休養よりも、義父の認知症からくるモラハラからの避難が大きかったです。。(現在、義父は精神病院に入院中)

申し込みは地域の保健センターの担当の保健師さんにお願いします。

難病申請をしてからこの保健師さんが義母の担当になり来訪されてレスパイト入院の説明をうけました。

受け入れの病院、受け入れ人数などの制限があります。さらに申し込みも人工呼吸器使用の方が早くから申し込めます。
年間90日間、1回の入院は最長30日までとの事です。

私はリハビリ科で神経難病の受け入れ可能な病院を選びました。
おかげで、入院中、土日以外は毎日リハビリをおこなってもらえました。

入院費用は難病助成金です。別途食事代でした。
記事編集 編集
Re: レスパイト入院とは
投稿日 : 2018/03/27(Tue) 13:44
投稿者 イキイキ
参照先
レスパイト入院は在宅介護するご家族の休養に使われてますが、私の妻の場合は私の手術入院期間に合わせてレスパイト入院しました。
当時、妻が通院していた病院の神経内科はレスパイト入院を積極的に受け入れていました。病院によってレスパイト入院の受け入れ方針は違いますので事前に調べておくとよいと思います。
私の場合は手術日程と妻のレスパイト入院日程の調整で両病院を行き来しましたが、なんとか同じ日に入院して私の退院の2日後まで妻は入院できました。
ちなみに医療保険(妻は負担減免)を使って入院費用は雑費だけでした。
記事編集 編集
投稿フォーム
件名
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー ←入力しておくと後でこの暗証キーにて自分の記事を編集することができます
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント
掲示板トップへ戻る >

- WEB PATIO -