掲示板トップへ戻る >
【質問】指定難病医療給付 継続申請はなぜ毎年やる?
投稿日 : 2018/06/23(Sat) 06:35
投稿者 e
投稿内容
2、3年前まで「特疾」と言われていたやつです。制度としては大変ありがたいもので、日本に生まれて良かったなあと思うのですが、素朴な疑問としてなんで毎年申請しなきゃいけないの?障害者手手帳や介護保険は2、3年に一度だよ。っとこの時期毎年思うのです。
治療法がなく自然治癒の例もないのになぜ?申請者側も毎年安くはないお金を払って医者に書類を書いてもらったり、提出書類を集めたり。保健所側は継続申請の用紙や手引きを10数枚準備し申請があったらあったで、それを適切に処理し。 時間や人手の猛烈な無駄だと思うのです。これで人手不足とかよく言うよなあ。いらない仕事してませんか? っと思うのですが毎年やるのにはきっと訳が。 申請者側に金銭的、時間的負担、手間を強いても毎年やる理由、教えてほしいです。
記事編集 編集
↓これまでの投稿一覧(投稿の新しい順)*投稿フォームは一番下です
Re: 【質問】指定難病医療給付 継続申請はなぜ毎年やる?
投稿日 : 2018/06/25(Mon) 06:16
投稿者 e
参照先
miraie2020さん、hyoketsuさん、ありがとうございます。厚生労働省側の理由であれば手間やお金をもともとの申請者側(もともと難病申請している人たち)にもかけさせることはないと思うんですがね。
僕の場合、毎年1ヶ月間リハビリ入院するんですが、その費用が額面で120万円、3割負担でも40万。それがこの制度があるおかげで僕は5000円くらいしか払わないので、毎年の申請もなんのそので乗りきるのですが、リハビリ入院がなければ???です。
ちなみにリハビリ入院は人の金でこさせてもらっていると思って一生懸命やります。入院患者の中で思いっきり浮きますが。
記事編集 編集
Re: 【質問】指定難病医療給付 継続申請はなぜ毎年やる?
投稿日 : 2018/06/25(Mon) 05:40
投稿者 miraie2020
参照先
窓口で直接聞いたことがあります。
理由は、毎年のように制度の改正・変更があるのでそれに対応するためだと言われました。
また、病状の変化等の様子を確認するといった意味合いもあるようです。
記事編集 編集
Re: 【質問】指定難病医療給付 継続申請はなぜ毎年やる?
投稿日 : 2018/06/25(Mon) 00:02
投稿者 hyouketu
参照先
@平成27年1月以降に対象外になった疾病
疾病名
劇症肝炎   重症急性膵炎

A平成27年7月以降に対象外になった疾病
疾病名
肝外門脈閉塞症  肝内結石症  偽性低アルドステロン症
ギラン・バレ症候群 グルココルチコイド抵抗症 原発性アルドステロン症
硬化性萎縮性苔癬  好酸球性筋膜炎  視神経症    神経性過食症
神経性食欲不振症  先天性QT延長症候群 TSH受容体異常症 特発性血栓症
フィッシャー症候群       メニエール病

平成30年4月1日からの障害者総合支援法の対象疾病一覧(359疾病)

※ 新たに対象となる疾病(1疾病)
△ 表記が変更された疾病(3疾病)
○ 障害者総合支援法独自の対象疾病(29疾病)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記に示す様に対象外や新たに病名変更など日進月歩で変わってます
従って変更や更新手続きが必要になると思われます
出展:厚労省HPより
記事編集 編集
投稿フォーム
件名
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー ←入力しておくと後でこの暗証キーにて自分の記事を編集することができます
コメント
掲示板トップへ戻る >

- WEB PATIO -