掲示板トップへ戻る >
【質問】障害者手帳 2級から1級のメリットは?
投稿日 : 2018/04/04(Wed) 17:18
投稿者 Gママ
投稿内容
こんにちは。
夫が神経難病で、障害者手帳 2級を持っており
そろそろ1級を申請しようか迷っておりますが
1級にするメリットは何かありますか?
どうぞよろしくおねがいします。
記事編集 編集
↓これまでの投稿一覧(投稿の新しい順)*投稿フォームは一番下です
Re: 【質問】障害者手帳 2級から1級のメリットは?
投稿日 : 2018/04/06(Fri) 19:00
投稿者 hyouketu
参照先 http://ameblo.jp/nama-jii/
続き⇒例:○自分は1種の2級で重度障がい者ではあるが「介護度」「障害区分」は共に低い査定である
特に介護サービス認定度合は「認知症有無」の査定基準が大きく左右される審査内容であり身体的ハンディの制限はよほど重症ではない限り「介護度4−5」にはなりません
○介護用ベッド・車椅子などレンタルは特定疾患該当者16種以外の方は「介護度2」以上が原則
例外でケアマネや医師の判断で必要不可欠となった場合はOK あらゆる福祉機器リースは介護度が
設定されており 現在個人的に調査・編集中です
以下Cは手帳交付による基準詳細です
C「身体障害者福祉法別表第5号」と検索欄に入力して下さい URLが長すぎなので・・下記
※尚、難病患者に該当する場合であっても、あくまでも各部位の身体的可動域により等級が決まります
又、疾病が日々変動してる場合は更新出来ない場合があります 基本は傷病などが固定した状態での身体的不具合を審査するからです しかし悪化の一途で重症化してる場合は専門医の判断で変更手続きの診断書を書く場合も有り得る
●第2種身体障害者 ⇒第1種にあてはまらない人をいいます。
※その他:一種・二種の優遇処置などは沢山あります
尚、手帳の等級による恩恵などは多種あるので、こちら参考にして下さい↓
URL「http://techo-shogai.com/595
○難病の種類は全世界で600種以上あり 日本国内では500種余りが確認されています
○指定難病とは医療費補助を国が負担し自己負担軽減の目的と医学的見地から疾病の進行を遅らせたり改善させる処方がある程度見つかった場合に限り順次厚労省専門部会で認定・改正される仕組みです
現在、難病の医療費控除対象数は昨年70――80種ほど追加になり300種ちょっとが医療費補助対象になってます 研究班の医学進歩により少しでも医療費負担が減ることを願ってやみません
長々とコメント申し訳ありませんでした 参考になれば幸いです
記事編集 編集
Re: 【質問】障害者手帳 2級から1級のメリットは?一部訂正
投稿日 : 2018/04/06(Fri) 18:49
投稿者 hyouketu
参照先 http://ameblo.jp/nama-jii/
@障害者手帳の様々な福祉サービス
A身体障がい者手帳には「第1種」「第2種」に分けられております
様々な記事やコメント読むと大抵この「種別」を省いて等級のみを記す方が多い様です※先日近所の方の手帳見せて頂き1種2種の種別が表記されてませんでした変更になったのかなあ
一種は重度障がい 二種は軽度扱いとなります※←訂正箇所:種ではなく二級までが重度です失礼しました
他の方も仰っていますが一種に該当する方は重度障がいですので税金など控除額が「特別障がい者控除」
と云い例:所得税40万円・住民税30万円が控除されます
他の一般障がい者は27万円・26万円が控除され、また控除対象配偶者、もしくは扶養親族が特別障害者である上に、その人が納税者、納税者の配偶者、もしくは納税者と生計を一にしているその他の親族のいずれかと一緒に住んでいる場合は所得税75万円、住民税53万円の控除があります(同居特別障がい者と云う)
Bこの一種・2種に分けられる理由の根拠は旅客鉄道運賃割引による身体障がい者福祉法施行規則別表第5号に基づきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3ウイキペディア出典「身体障がい者手帳について」
※したがって旅客運賃割引以外にも税金控除・公営住宅優先制度などここでは書けきれませんので
省略しますが一種か2種かの違いで恩恵受けるサービスの特典も大きく変わります
注意点:介護保険法による「介護度」と障害者総合支援法による「障害区分」は手帳の等級は勘案されず一致しない事が多い

文字数制限オーバーの為分割して記述します 失礼しました
記事編集 編集
Re: 【質問】障害者手帳 2級から1級のメリットは?
投稿日 : 2018/04/05(Thu) 22:58
投稿者 ちよ
参照先 https://ameblo.jp/wasinannbyounannsuka/
 税金などで大きく関係してくる事は1 級も2級も一緒なので変わらないと思います。


 障害者手帳 2級(例えば肢体不自由3級と上肢の3級)の合わせ技での2級であれば、電動車いすや介護ベッドは障害者で上での助成がしてもらえません。

 障害者手帳で何か恩恵をうけると思うのであれば、福祉用具の購入などだと思うのですが、おんなじ2級でも中身が大事なようです。

 上肢が2級で下肢が3級の時に、車椅子や介護ベッドを申請しても通りませんでした。必要な箇所が必要な補装具と確実に困るであろう等級と一致しなければいけないようですのでもしそのような形でのメリットをお考えであるならば、1級の(というよりかは進行の申請)をした方が将来のためにつながると思います。


 介護保険の利用でレンタルをするのであればあまり関係ないかもしれないですね。
記事編集 編集
Re: 【質問】障害者手帳 2級から1級のメリットは?
投稿日 : 2018/04/05(Thu) 16:16
投稿者 イキイキ
参照先
障害基礎年金などの給付金では1級と2級に差があるようですが、年齢や所得によって違いがあるのでこのご質問に的確なアドバイスはできません。
なお、身障者手帳の等級と障害年金等の等級認定基準は違うようです。
障害者手帳1,2級と3級以下との間には税金の控除・減免、公共料金等の免除・減免に差がありますが、1級と2級の間は差がないのでこの点でのメリットは感じません。
(あくまでも横浜市のケースです)
記事編集 編集
投稿フォーム
件名
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー ←入力しておくと後でこの暗証キーにて自分の記事を編集することができます
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント
掲示板トップへ戻る >

- WEB PATIO -